LIFE STYLE

2021.10.19

【動画あり】「パティーヌ」加工で「ヴィンテージ」に見える! 香港「UNDONE」から古艶ウォッチが完成!

カスタマイズウォッチブランド「UNDONE(アンダーン)」が「パティーヌコレクション」を発売した。

パティーヌコレクションとは、UNDONEで人気の文字盤を職人が1枚ずつ手作業で加工し、経年変化して褪せたような風合いにパティーヌ(古艶)するシリーズ。

オールドクラシックを演出しつつ、機械では出せない手作業ならではの加工を施している。より個性のある文字盤へと変化したその時計は、味わい深いものであるとともに、手にして初めて知る固有の仕上がりとなっている。

これらのコレクションモデルは、すべてカスタマイズオーダーが可能。ヴィンテージスタイルは決められたものではなく、最後は所有者の手でカスタマイズすることで完成させることができる。

これはUNDONEの「ヴィンテージウォッチに自分の個性を加える」というブランド哲学によって想起されたもので、味わいのある文字盤に、好きな色のパーツを自由に組み合わせることで、自分だけの時計へと昇華されていくという。

パティーヌコレクション最大の魅力は、なんといってもノスタルジックなその見た目を、現代モデルに再現しているところ。強度があって傷つきにくいガラスやケース、日常生活防水を備えるなど、普段使いとして使用することが出来るヴィンテージウォッチなのだ。ヴィンテージウォッチに憧れがあってもなかなか手が出せないという方でも、気軽に楽しむことができる。

オーダーから1枚ずつ手作業で、時計職人がヴィンテージ特有の経年劣化を再現し、組み立て製造を行っているため、仕上がりに若干の個体差が生じる。そのリアルさもまた、ヴィンテージウォッチ感を彷彿させる仕様となる。3万円台から購入することが出来るのも、このコレクションの大きな魅力だ。

【写真10枚】香港発のヴィンテージスタイルの時計「UNDONE」。


UNDONEは、世界に多くのファンを持つカスタマイズウォッチブランド。2014年に香港で創業、2017年に日本へ上陸。「UNDONE」は「未完成」を意味し、「最後に完成させるのはあなた自身」という思いが込められているという。ベルトや文字盤だけでなく、ケースや針、さらに色や形といったあらゆるパーツを自由に選び組み合わせることで、自分好みのオリジナルウォッチを作り上げることができる。


RECOMMENDED


RELATED

RANKING