MOBILITY

2021.12.03

まるでテイクアウトの感覚で「テスラ」の新車受取ができる! 「テスラ デリバリーセンター有明」

テスラの目標は「最高の電気自動車を作ること」ではなく、「最高の自動車を作ること」だという。

「持続可能な製品を選ぶ消費者は、価格か性能面で妥協しなければならない」という誤った考えが広まっていますが、テスラの車両は高い性能と安全性、そして競争力のある価格を備えている。

それらを持続可能な形で継続するために、テスラは販売や納車、サービスに関して従来の方法とは異なる手法を採用し、常に改善しながら取り組んでいる。その取り組みの一つなる納車専用拠点を、東京・有明にオープンしたという。


「テスラ デリバリーセンター有明」は、納車当日に顧客がすぐにスムーズに車両を受け取れるよう、車両準備を行っている。展示車や試乗車等、従来のストア機能は備えず、納車専用拠点とすることで業務効率を行い、日本全国から注文された車両の納車を行うのだ。なお、テスラでは東名阪の納車拠点に加えて有明の拠点での納車かホームデリバリーか、どちらかを選択してもらう形となっている。



◆「テスラ デリバリーセンター有明」

営業時間:月曜~土曜 10:00-21:00 (日曜定休)
納車の流れ:3Fカウンターにて受付→電子サインと重要事項書類にサイン→車両のキーと車検証等の書類を渡して手続き完了
→モバイルアプリを使用して、車両の現在地を確認→場内の車両を確認、受取完了 (1組/約10分程度 ※最短5分)

車の操作方法は事前に配信する動画や、車両タッチスクリーンにて最新のマニュアル、ビデオの閲覧が可能。デリバリーセンター有明の周辺にはテスラ専用の超急速充電設備「スーパーチャージャー」があり、納車後すぐにテスラのシームレスで便利な充電体験もできる。


【写真6枚】スムーズな納車で快適! 「テスラ デリバリーセンター有明」。


・旅先でスーパーチャージ
テスラがデザインしたスーパーチャージャーは、わずか数十分で充電が完了し、旅行や移動中に充電で停車する回数、時間を最小限に抑えるよう戦略的に配置されている。スーパーチャージャーは現在、日本で展開されているあらゆる充電技術よりも高性能であり、「V3スーパーチャージャー」は最大250kWの出力で、最速約15分でバッテリー容量の半分(約250km分)を充電できる。

スーパーチャージャーネットワークは、北米、ヨーロッパ、そしてアジア太平洋地域の主要ルートを繋ぎ、合計で30,000基以上のスーパーチャージャーが設置され、国内では39箇所/185基のスーパーチャージャーが稼働中している。

2020年、全世界で743箇所のスーパーチャージャーが新設され、毎日平均2拠点がオープンするペースで増加し、年間1.5倍の設置数で拡大している。

Map URL: https://www.tesla.com/findus


・自宅でチャージ
テスラを充電する、最も便利な方法は自宅での充電だ。テスラ車両の航続距離があれば、日常的なドライブに困ることはまずない。ほとんどのオーナーは日中の運転で消費した電力を夜間自宅の駐車場で充電するので、翌朝にはフル充電されている。


・目的地でチャージ
デスティネーションチャージングプログラムは、ホテル、レストラン、そしてリゾート等全国に170以上が稼働し、テスラオーナーが使い慣れたコネクターを設置することで、自宅と同じ感覚で充電できることを目指したサービス。


・2020インパクトレポート
テスラは、環境・社会・ガバナンス(ESG)、この3つの分野に与える影響を開示するとともに、その影響を検証・定量化するデータやその他の情報を可能な限り提示する目的として、インパクトレポートを公開している。
https://www.tesla.com/ja_jp/impact-report/2020

RECOMMENDED


RELATED

RANKING